二俣公一 / ケース・リアルによる、大阪の「イソップ 中之島フェスティバルプラザ店」

( )

Photo at random

二俣公一 / ケース・リアルによる、大阪の「イソップ 中之島フェスティバルプラザ店」

architecture, feature


all photos(C)太田拓実

二俣公一 / ケース・リアルによる、大阪の「イソップ 中之島フェスティバルプラザ店」です。

今回の計画地があるツインタワーの一つには、フェスティバルホールと呼ばれる文化施設がある。ビル名称のルーツにもなっているこのホールは、旧ホールが建設された1958年以降、まだ日本に大きなコンサートホールがない時代から国内外より様々なアーティストを迎え、中之島という地で芸術や音楽文化を育んできた。わたしたちはこのホール、そして芸術や音楽にあふれた街「中之島」へのオマージュとして、小さな美しい劇場のようなストアを作りたいと考えた。それは時にクラシック音楽のようにエレガントで優美な、時にアヴァンギャルドで彫刻的なイメージである。
メインマテリアルには地場近郊で採れる淡いブルーの「竜山石(たつやまいし)」を使用している。大阪には戦前に建てられた西洋風建築が多く現存しており、竜山石はそのファサードにしばしば見られる素材であり、また古代には有力貴族の石棺としても使用された美しい風合いの石でもある。そこへ特殊着色されたゴールドの金属を合わせ、彫刻的でエレガントな空間を目指した。またビルのエスカレーターの関係で一部が大きく傾斜した天井は、その傾斜をそのまま活かし、空間全体に光を拡散させるリフレクターの役割を果たしている。

※以下の写真はクリックで拡大します

■建築概要
イソップ 中之島フェスティバルプラザ店(2017年/大阪)
クライアント:イソップ
計画種別:内装設計
用途:物販
計画期間:2016年5月~2017年4月
計画面積:42.97平米
計画地:大阪府大阪市北区中之島
設計:ケース・リアル 二俣公一 柴田りつ
施工:アンドエス
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
撮影:太田拓実


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact